1951(昭和26)年6月30日、原爆で荒廃した城山の現在地にキリスト教友愛の精神に基き、福祉・教育・医療・宗教などの活動を目的として、財団法人基督教友愛社会館が設立されました。  本幼稚園は、その社会館活動の一環として同年9月30日に開設され、翌1952(昭和27)年8月、幼稚園として認可を受け、以来今日までキリスト教友愛の精神を基本として保育の業に努めてきました。

 1980(昭和56)年3月、財団法人友愛会館から必要な全ての財産の寄与を受けて、学校法人長崎キリスト教友愛学園の認可を受けました。創立当初の建物は赤い屋根の友愛館として、長い間社会館の働きと共に地域の人々に親しまれてきましたが、1985(昭和60)年、新園舎を建築し更に保育の充実をはかり、新しい時代に生きる幼な子と共に成長して行くことを願っています。
画像
1965(昭和40年)頃の園舎
画像
現在の園舎

 私があなたがたを愛したように
  あなたがたも互いに愛しなさい







              ヨハネによる福音書15章12節


画像
 長崎平和記念教会は、友愛社会館とともに建てられ、平和を願う祈りをささげて友愛社会館の活動を精神的に支えてきました。

園のこどもたちも、月1回、教会で礼拝をしています。 画像